りゅうと: 2014年7月アーカイブ

私にはかけがえのない友人がいます。その人は大阪で薬剤師として働く人です。その人の話を聞くと、何でも成功するのではないかと考えることができるほど、素晴らしい世の中になっていることが理解することができました。そして、薬剤師として働く自分にとても誇りを感じているとのことです。それはそれで素晴らしいことですよね。私はその友人をとても尊敬しているのです。

そんなことがあり、先日にショッピングに一緒に行くことになったのです。薬剤師として働いていますから、ちょっと時間が合わないなって感じることになったのですが、それでも実現したことはとても素晴らしいことになったのではないかと感じることができています。やはりこうして友人と一緒の時間を過ごすことが出来たというのは誇りに感じることでもありますね。

そうした中で実現したのは、薬剤師の人との買い物のエピソードを聞くことでした。ショッピングはほどほどにして、二人で仕事の話などをして時間を過ごすことになりました。久しぶりに喫茶店などに入ってしまいましたね。これだけ素晴らしい世の中になっているのに、なんてことでしょうと、私は自分を疑う結果になってしまったことだけを、真剣に把握している最中なのです。これはこれで素晴らしいことなのでしょうけどね。

このアーカイブについて

このページには、りゅうと2014年7月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはりゅうと: 2014年6月です。

次のアーカイブはりゅうと: 2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク